2/14 第31回知的センシングセミナー(オムロン SINIC X:牛久祥孝氏)

2月14日(金)に第31回知的センシングセミナーが開催されました.今回はオムロン SINIC X(株)の牛久祥孝先生をお招きしました.
講演では,機械翻訳やキャプション生成のような自然言語処理とDeep Learningを用いた画像認識の融合技術について,わかりやすくお話していただきました.
Deep Learningの中でもCNNとRNNを組み合わせたモデルを用いて,重要な情報を残した上でキャプションを生成する研究や,ロボットの周囲に目的の対象物がない場合の行動を制御する研究など,画像認識やロボットを主として活動している私たちにとって非常に近しい内容となっていました.
また,Deep Learningのモデルの設計方法やロボットの動作についての知見もいただくことができたため,今後の研究に活かしていきたいと思いました.
(記:小林)

1/16~17 NEDO AI & ROBOT NEXTシンポジウム

1月16日~17日に新宿のLUMINE 0 <ルミネ ゼロ>にてNEDO AI&ROBOT NEXTシンポジウム~人を見守る人工知能、人と協働するロボットの実現に向けて~が開催されました.
国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の事業「次世代人口知能・ロボット中核技術開発」(人工知能分野)における国立研究開発法人 産業技術総合研究所様からの再委託を受けている,人間のように道具を使うAIロボットの研究について出展しました.
中京大学 橋本研究室にて開発された「機能」認識,動作生成技術と,金沢大学 辻研究室にて開発された人の動作をもとにした動作生成技術を搭載した,世界初の全自動お茶会ロボットです.

本シンポジウムは5年間のプロジェクトの集大成として次世代の人工知能技術,革新的なロボット中核技術が一堂に会しました.
人工知能やロボットなどに関連するさまざまな分野の研究者・専門家や,それらのテクノロジーを使って将来的にビジネスを考えたい新規事業創出を狙うビジネスプレイヤ,投資関係者を対象とした展示会であり,多くの著名な方々にデモを見ていただきました.
デモを通してロボット技術の進歩だけでなく,多くの課題があるという事実を伝えることができ,今後この分野の研究の発展のための一端を担うことができたのではないかと思います.
また,多くの方々と議論をすることができたため,この経験を,今後に活かしていこうと思いました.
(記:松原)

1/6~7 IWAIT2020

1/6~7にインドネシアにて開催されたInternational Workshop on Advanced Image Technology 2020(IWAIT2020)でB4の寺沢,鈴木の2名が研究成果を発表しました.
今回が,初めての海外発表であったため,とても緊張しました.まだ,英会話が未熟であるため,思った通りの発表はできませんでした.
そのため,次回の国際会議で必ずリベンジしようと思いました.また,寺沢がBest paper awardを受賞しました.
学会のバンケットは,世界遺産であるプランバナン寺院群で開催されました.とてもきれいな場所でした.
(記:鈴木)

12/5~6 ViEW2019 in 横浜

12月5,6日にパシフィコ横浜で開催されたViEW2019にて,川瀬,三好,寺沢が研究成果を発表しました.
多くの来場者の方に,研究に関するさまざまなやコメントやアドバイスをいただきました.
企業の方々と自分の研究について討論することができ,とても良い刺激を受けることができました.
(記:寺沢)

12/2~4 DICTA2019

12/2~4にThe International Conference on Digital Image Computing: Techniques and Applications(DICTA2019)でM1の三好が研究成果を発表しました.今回は,オーストラリアのパースで開催されました.世界の住みやすい街ランキングに選出されているだけありとても綺麗な街でした.

今回は2回目の国際会議でした.1回目の発表に比べ良い発表ができました.また,多くの聴講者に興味を持っていただき,活発な議論ができました.3回目の発表ができるようにより研究に励みたいと思います.
(記:三好)

11/21 第30回知的センシングセミナー(神奈川大:秋吉政徳氏)

11月21日(木)に第30回知的センシングセミナーが開催されました.今回は神奈川大の秋吉政徳先生をお招きしました.講演では,機械学習技術の外観に加え,今後期待されるであろう技術やその価値について,わかりやすくお話していただきました.
これまでは,利便性や安全性のような工学的価値について注目していましたが,実社会において「驚き」や「発見」のような新しい視点が加わる可能性を知り,今後の機械学習の動向に注目していきたいと感じました.また,現在求められている価値や期待に応えるのはもちろんのこと,新たな価値や期待にも応じながら,今後の研究に取り組んでいきたいと思いました.
(記:小林)

9/17~18 合同研究合宿(with 中部大藤吉・山下研)

9月17日(火)~9月18日(水)に中部大学の研修センターで,中部大学MPRGと合同合宿をしました.MPRGASMI混合のグループを複数作成し,互いの研究グループで共通テーマ(DeepLearning分野やロボット分野に関するテーマ)について議論しました.また,懇親会やスポーツ大会では,MPRGの方々と親睦を深めることができました.

中部大学の先生方とも直接お話しする機会もあり,とても充実した2日間となりました.

 (記:都築)

9/9 東海支部連合大会

9月9日に東海支部連合大会にて香西,三好,鈴木,寺沢が研究成果を発表しました.今年は,大同大学が会場でした.多くの方々から貴重なご意見をいただくことができました.今回いただいたご意見,アドバイスを今後に活かしたいと思います.
(記:寺沢)

9/2~6 CAIP2019

9/2~6にThe 18th International Conference on Computer Analysis of Images and Patterns(CAIP2019)でM1の川瀬が研究成果を発表しました.今回は,イタリアのサレルノで開催されました.リゾート地ということで海がとても綺麗な街でした.

今回の国際会議が自身にとって2回目ということもあり,堂々と発表することができました.特に,質疑応答の対応が1回目のときと比べて上手く対応できたと思います.今後は,日常生活での英会話をできるように英語の勉強や話のネタの収集に励みたいと思います.(記:川瀬)

8/28 知覚情報・次世代産業システム合同研究会

8月28日に知覚情報・次世代産業システム合同研究会にて寺沢,三好が研究成果を発表しました.開催場所は,徳島大学です.研究会では,専門的な質問が多く,濃密な質疑応答の時間が体験できました.今回得た知見を今後の研究に活かしていきたいです.また,研究会の前日に,近くのお店で徳島ゆかりの美味しい料理を食べてきました.
(記:寺沢)